転職するなら専門学校に通おう|資格を取れば失格にならない

women

特徴と計画

転職によるキャリアパスプランとは

man

飲食業界における転職にはメリット以上にリスクに注意する必要があります。その理由は、他の業界に比べて転職によるキャリアアップが難しいという実情があるからです。とは言え、飲食業界は転職でキャリアアップすることが出来ないと言う訳では無く、一時的に給料が下がってしまう事が多いと言うだけですので安心してください。 例えば、チェーン展開するファミレスでの転職を考えた場合、それまでの職場で店長やマネージャーなどの役職を持っていたとしても、次の職場では良くて店長からのスタートになります。飲食業界における難しさは、「会社によって仕事の基準が違う」という事にあります。それが面白さでもあるのは確かですが、今回の例の場合は恐らく店長候補スタートとなり、給料的には下がる可能性が高いと言えます。

出世が速いのも飲食業界の特徴

転職によって一旦は給料が下がってしまったとしても、すぐに元通り・それ以上の給料を稼げるようになるのも飲食業界の大きな特徴と言えます。 同業種の会社であっても職場環境が全く違うという事は珍しくありませんので、転職の場合には一時的に地位が下がってしまったとしても、その会社のルールを覚えてしまえばそれまでの経験を糧としてすぐに昇進できる可能性が高いと言えます。また、入社の段階である程度の期待をかけてもらう事が出来れば、わずか数か月程度で昇進が出来るのは他の業種には無い大きな特徴と言えます。 つまり、総合すると変化の激しい業界であるという事になりますが、その分、実力主義の面白い世界であるとも言えるわけです。